さくさくさくや。

ビートダウナー。

その5 哀しき遺物:赤黒ブランド編 後編

咲久耶です。


前回の続き、CSのレポートしていきます











一回戦 卍 先 ○


サイコロ握ってたのでこちらは動かず。


グラス→ギャンにダチッコ→GWD→罰怒をあて、卍が建たずにターン返ってきたので走りきって勝ち





二回戦 グスタフループ 先 ○


結論から言うと、相手のループミスで勝ち。


こちらチュチュリス→モンテス轟と動き盾を削りに行くが、無法警報PSYで盾埋めを許してしまう。


殴らないわけにもいかないので、祈りつつ盾を触ると戒王の封。そこからループが始まる……と思ったけど回るだけ回ってシャコガイルが着地せず、お相手が爆発四散して勝ち。南無。





三回戦 卍 後 ○


スマホスマホ→スパイナーとマナ埋めしたら「なるほどねーはいはいそういうやつねー」みたいな顔されたけど、ぜっっっっったい思ってるのと違う。


内心にやにやしつつ終焉の開闢。(こいついい別名ないですかね?)


GWDを回収して、ギャン→ミラと動いてきたところに当てる。うまあじ


ガイガ投げられるも5tモンテスケールサインでGWDを出して処理。どやさー!


結局卍が建つことなく罰怒で走って勝ち。



サイコロ警戒したのか、それとも引きがグロ画像並に悪かったのか、それは当人のみぞ知る。


ちなみに試合後にお相手が知り合いっぽい人に「変なのと当たって負けたわw」みたいな顔してた(そんな気がした)のを見て、あまりの気持ちよさに絶頂しかけてたのは僕のみぞ知る。





四回戦 赤単 後 ○


先手ブレイズクローからと、対面は順調な滑り出し。


スマホを埋めると相手の眉間にシワが寄るのが分かったが、こっちはトリビではない。そこそこの腹痛と戦いながら対面している。


2tミサイルj-飛、ブレイズクローわんぱん何もなし


そして次ターン轟轟轟ブランド着地。2点!!!



\\\爆殺☆覇悪怒楽苦///



横を飛ばして轟轟轟をサイコロプスでぶちころころして、打点を揃えて走りきって勝ち。





五回戦 赤白轟轟轟 後 ○


お相手ヘブフォオーリー×2体で2点入れに来る。


スパイナーだかハードラックだかで受けて、GWDで打点を潰しつつ罰怒で過剰打点を作って勝ち。


試合後にベタ褒めされてむずがゆかったです。










まさかの予選全勝。困惑しつつ本選にすすむ。


内心「なんで……?」となりつつも卓にはジョーカーズと轟ブランドがほとんどのようで、心の中の咲久耶はすでに勝利の喜びから阿波踊りを始めていた。











本選一回戦 ジョーカーズ 先○ 後× 先○


一戦目はGWDてテンポを取りつつ2点程度入れて過剰打点を叩き込む理想ムーブ。しっかり取っていく。






二戦目開始時ぼく「こういう変な山は内容が判然としないため、二本目でも内容がばれにくいというメリットがあるぜ!!」


相手「ガンバトラージョマキジョラゴン」ドドドド


ぼく「ええ……」






1対1、互いに互いの山がよく分からない状態で三本目を迎えるという謎の展開。


そんな状態でも変わらぬ強さを魅せたのは、GWDと罰怒ブランド。ハンドアドを失わずテンポを取り、一気に駆け抜ける。黄金ムーヴ。


勝ち。










本選二回戦 末法ブランド 後× 先○ 後×


お相手3tチュチュリスダチッコ末法、山の上から罰怒ブランド。


ぼく「ええ……」


この末法チュリスというカードは、僕が赤黒ブランドの構築中に見切りをつけて使用しなかったカード。運要素が絡み、ゲームプランが建てづらくなるのを嫌ったためである。


トリガーはない。


そして現れる轟轟轟ブランド。無情にも埋まらないS・T。


ぶち抜かれて負け。






二戦目はうってかわってこちらが攻め立てるゲームに。絶対に盾はこちらの方が厚い自信があったため、強気に序盤から刻む。


相手が走ろうとするもラス盾スパイナーからの過剰打点で勝ち。そう簡単にはやられない。小さく拳を握りしめる。






またしても1対1で迎えた三本目。お相手は4tダチッコ末法チュリスからの…………勝利龍装 クラッシュ''覇道''。


見えるトリガーはハードラック2枚。お相手天才か?


しかし後続は続かず、罰怒ブランドで2点追加してきたところで相手の手はストップ。


こちらはチュチュリスg-突g-突……と盤面に並べていく。轟轟轟を引かれたら敗北まであるが、こちらはワンショットするしかない。


胃が痛みながらも打点を並べていく。相手ドロー何もなし、ドロー何もなし、何もなし……





数ターン後、打点は揃った……合計15打点以上。









駆け上がるぜ優勝への道を!!!














チュチュリスワンパンクロックターン返ってドロー轟轟轟ブランドドロー轟轟轟ブランド
















三┗(┓卍^p^)卍




















三位決定戦は赤ジョを処しただけなので割愛。三位でした。ランキングにメダルを付けれて嬉しかったです。


まあおもちゃデッキとはいえ勝てたし色んな人に誉めてもらえたので割と満足でした。


もう二度とこの山は握らないです。


咲久耶